• ホーム
  • シミやそばかすの発生原因

シミやそばかすの発生原因

2019年06月29日
鏡を見て肌を心配している女性

シミの原因は、紫外線の他、加齢やストレス、睡眠不足、肌の炎症、女性ホルモンの分泌異常などが挙げられます。最も多いのが老人性色素斑で、紫外線が原因のシミです。平坦で丸いのが特徴です。3~40代の女性に多く見られる肝斑は、頬や額などに左右対称で表れ、閉経とともに消えます。女性ホルモンが影響していると言われています。
そばかすは、多くが遺伝性で鼻を中心に散らばったように出ます。子どもの頃から表れ、成長ととも増加したり、紫外線によって濃くなったりします。
シミとそばかすは後天性と遺伝性の違いはありますが、メラニンが大きく関わることに変わりはありません。
皮膚の細胞に紫外線があたると、DNAが破壊されたり皮膚がんを引き起こす可能性があります。これを防ぐために、表皮の基底層に存在するメラノサイトがメラニン色素を生成し、表皮を黒くして真皮に紫外線が届かないようにします。通常は、肌のターンオーバーでメラニンは角質とともに排出されます。ところが、メラニンが過剰に作られ過ぎると排出しきらず肌に残ります。加齢や、物理的刺激、ストレス、ホルモンバランスの乱れも、ターンオーバーを乱す原因になります。
シミやそばかすの対策に最適なのが、美白用医薬品コスメライトクリームです。コスメライトクリームに含まれるハイドロキノンとトレチノインが、シミやそばかすの原因に働きかけ、改善に導いてくれます。ハイドロキノンには、メラノサイトの働きを抑制作用があり、メラニンの生成を抑えてシミやそばかすを作らせません。トレチノインには穏やかなピーリング効果があり、メラニン色素がある肌細胞を取り除きます。さらに肌の炎症を抑えるフランカルボン酸モメタゾンも含まれています。
コスメライトクリームは、夜のお手入れに適しています。洗顔後、化粧水で肌を整えた後、気になる箇所に塗布しますしょう。